カントン包茎とは

banner

痛みも伴う場合がある

包茎には様々な種類があります。
ものの中には仮性包茎と勘違いして無理矢理包皮を向きまくってしまったり、頑張って亀頭を出すトレーニングを続けてしまった人がなってしまう包茎がカントン包茎です。
亀頭が包皮によって圧迫されます。
このカントン包茎は、子供の頃に無理矢理包皮を剥いてしまっていたり、専門医によって剥かれて、不潔菜状態にしておくとなるようです。
亀頭は、包皮によって締め付けられているので血がうっ血してしまい、皿に症状は悪化して行ってしまうのです。
根元部分がリング上に腫れ上がってしまい、最悪な状況の人も出てきてしまいます。
ここまで進行してしまっていると、かなり痛みも伴うでしょう。
そして、締め付けが異様に強くなってしまう事によって血が巡らなくなり最悪組織も壊れてしまいます。
これはもしかしたら、と思ったら早急に医師に相談するべきです。
実は、清潔を心がけたり根気づよく亀頭を優しく、外に出す訓練を行っていれば仮性包茎への道が開けるのだそうです。
当然、状況にもよって違うのでしょうがこうすればわざわざ手術を行わなくても良くなるのでラッキーですよね。
仮性にするには、しっかりとしたトレーニングが必要となってきます。
進行具合を医院等でチェックしてもらう事が早期治療の成功へと導いてくれるのです。
事実、絶対に手術をしなければ行けないといったものでは、カントン包茎は無いのです。
清潔第一で、しっかり治療を行って行けば仮性包茎に戻れるといった、よい情報もあります。
塗り薬を塗ったり、薬を飲んだりする事で、治る事もあります。

痛みが生じるもの

包皮口が狭すぎる事で、亀頭が圧迫されてしまい痛みが生じるのがカントン包茎といった状態です。
結局、血が巡っていない状態が続きますので、かなりの痛みもあります。ここまで来たら治療は直に必要でしょう。
実際、出る事のない亀頭が包皮口からでてしまっている状態なので、どんな要因があるのでしょうか。
まず、自分の力で無理矢理包皮から陰茎を出そうとする行為が原因の一つです。
実際入浴中などに、自慰行為をして無理矢理ずり下げてしまうと言う事を繰り返すことで起こるのが定番です。
小さな頃というのは、包茎ですが中には真性包茎の子が何らかの理由によりカントン包茎になってしまうそうです。
子供とはいえ、実際にはちゃんと勃起はします。しかし、まだバランスが取れていない状態での勃起はかなりの危険が伴います。無理矢理、包皮を貫いてしまうと言う事もあります。
さらに、両親が自分の子供の将来を不安になり、無理矢理包皮をズリ下げてしまい、包茎を治そうとする行為からカントン包茎を引き起こす要因があるとも言われます。
事実、幼少期の男の子は全員包茎です。
それが、時間や年を重ねて行く事により自然に包茎といった症状が改善されて行くのが成長の基本です。
しかし、困った事にこの事を知らない親があまりに多すぎるのが問題となっているのです。
結局、自分意識で勃起といった状態をコントロール出来る様になるのは、男性に取ってみれば難しい事です。
自分の意識の先に、勝手にカントン包茎になる要素が詰まっています。
もし真性包茎などの場合、即刻治療が必要です。

333プロジェクト | ABCクリニック
ABCクリニック
Copyright(c) 2013 カントン包茎とは All Rights Reserved.